【合コン】酒豪女性のメリット・デメリット

大人の付き合いをする中ではアルコールが絡む機会が多くあります。
お酒の弱い女性は、すぐほろ酔いになってかわいがられるイメージってありませんか?
たしかに、お酒に弱い女性はかわいらしさが際立つことがあります。

 

では、お酒がめっぽう強い女性の場合はどうでしょう。
今回は、合コンにおける酒豪女性のメリット・デメリットについて紹介していきます。

 

目次
1.酒豪女性のメリット
2.酒豪女性のデメリット

 

酒豪女性のメリット

酒豪女性にはメリットがたくさんあります。

1,お酒を楽しめる
2,最後まで付き合える

 

1,お酒を楽しめる

お酒を楽しめるレベルはほろ酔いまでと言われます。
しかし、そのほろ酔いまでのお酒の量が違いすぎるとお互いに気を遣わなければならなくなります。
酒豪女性であれば十分男性と同等にお酒を楽しむことができるので丁度良いでしょう。
恋愛テクニック21
お酒の好きな男性はカクテルと言うよりは、日本酒のようなアルコールや香りの強いお酒を飲みたがっています。
しかし、合コンでは女性に合わせてアルコールよりも見た目がオシャレなお酒を頼んでしまいます。
この点、酒豪女性であれば本来男性が飲みたいと思っているお酒を一緒に飲んであげることができるので男性にも喜ばれます。

 

2,最後まで付き合える

合コンはあくまで「顔合わせ」のようなものです。
その場が楽しければそれで良し。
そうは言っても中途半端にお酒を飲んだ男性にとっては「飲み足りない」と思うことも多いようです。
恋愛テクニック22
そんな男性は「飲み直し」と言って、男友達とお酒のおいしいお店にはしごすることがあります。
酒豪女性であれば、出会いというよりも「おいしいお酒が飲みたい、教えてね」という切り口で男性とその後の時間を自然に過ごすことができます。

 

酒豪女性のデメリット

酒豪女性にはデメリットもあります。
酒豪女性のデメリットはただ1つ「かわいげがないこと」です。
ほろ酔い姿は、男性が酔っていないときに見せるからこそ意味があります。
しかし、ほろ酔いをしてしまう頃には男性も同じ状態になっているかもしれません。
恋愛テクニック23
お酒に限らず「弱い」という女性に対して男性は守ってあげたい気持ちが沸いてきます。
しかし、仮に男性よりもお酒が強レベルの酒豪だと守るというポイントがなくなります。
極端な言い方をすれば、女性として見られない、ただの「飲み仲間」になってしまう可能性もあります。

 

いかがでしたか?
酒豪女性にはメリットもデメリットもあります。
酔うことと顔が赤くなることは別なので、状況に合わせて酔ったフリも必要かもしれません。
少なくとも、酔わされてのトラブルには巻き込まれないでしょうから、安心して合コンに参加できるという見方もできますね。